最終更新時刻:2010年9月22日(水) 19時59分

グループウェア無料

グループウェア比較ナビからのお知らせ

47万円コスト削減!導入しないと損をする、グループウェアの具体的な費用対効果

「グループウェアで作業効率改善!」…ってよく目にするけど、具体的なメリットは何なの?

このようにお悩みの方は多いのではないのでしょうか。 そこで、一つの機能を利用するだけでも大きな費用効果に繋げるられるという具体的な費用効果を、グループウェアSaaS「アイポプラス」を例にご紹介いたします。

日常的に数百回行う作業を、数秒早くする効果

例えば「スケジュールの登録」という作業を、アナログ作業とグループウェアに置き換えた場合で比較してみます。

上記の前提をもとに、1ヶ月(20営業日)に合計100件(1日5件)スケジュール登録を行ったとして計算してみます。

これを年間にしますと、下記のようになります。

上記の通り、グループウェアを導入することで年間で5時間の工数の差が出ます。 「1年でたった5時間?」と思われるかも知れませんが、それが社員全員となりますと、その費用効果は無視できないものになります。 「社員数50人、平均給与30万円」を例として、下記のような計算になります。

上記の通り、人件費換算ならば約47万円相当のコスト削減に繋がります! 冒頭にあります通り、これは「スケジュール機能」のみを使った場合での費用効果になりますので、他の機能も利用していただくことで更にコスト削減効果が見込めます。 グループウェアを社内に導入したいけれど、メリットが伝えられず上の許可が降りない、というご担当者様は、一度御社のデータに置き換えて計算してみてはいかがでしょうか。

グループウェア「アイポ」より寄稿

グループウェア「アイポ」

グループウェア 「アイポ」

グループウェアの基本機能であるスケジュール管理やワークフローだけでなく、Webメール、ブログ・SNSの機能も持ち、グループのコミュニケーションをお手伝いする機能をSaaS(ASP)形式で提供しています。


47万円コスト削減!導入しないと損をする、グループウェアの具体的な費用対効果

「グループウェアの具体的なメリットが分かりづらい」と、お悩みの方は多いのではないのでしょうか。

そこで、一つの機能を利用するだけでも大きな費用効果に繋げるられるという具体的な費用効果を、グループウェアSaaS「アイポプラス」を例にご紹介いたします。

SaaS(ASP)グループウェアへ

関連記事

47万円コスト削減!導入しないと損をする、グループウェアの具体的な費用対効果

このようにお悩みの方は多いのではないのでしょうか。 そこで、一つの機能を利用するだけでも大きな費用効果に繋げるられるという具体的な費用効果を、グループウェアSaaS「アイポプラス」を例にご紹介いたします。 例えば「スケジュールの登録」という作業を、ア...

素人でも見誤らないグループウェアのコスト算出法

素人でも見誤らないグループウェアのコスト算出法 「サイボウズ Office 6」(Office 6)とマイクロソフトの「Microsoft GroupBoard ワークスペース」(GroupBoard)を比較する連載記事。 今回は価格面での比較が中心です。 サーバーOSとクライアント・アクセス・ライセンス...

グループウェア投資効果

リンコムの藤原社長のコラムで、グループウェアのROI(投資に対する効果)に ついて書かれています。 ●リンコム:リンコム通信 http://www.linkcom.co.jp/mailnews/hitokoto/200410.cfm そのコラムの中で、グループウェアを導入した約2,000名の企業で、節約効果を 定量化し...

グループウェア無料

メルマガ「ビジネスIT新聞」

特集記事ピックアップ

グループウェア製品を検索利用形態と規模・人数にマッチしたグループウェアを検索。
グループウェア利用シェアと評価に関する調査2009年の国内中堅、中小企業におけるグループウェアの調査。
グループウェアリサーチグループウェアのトレンド・統計に関する記事を掲載。

過去の記事