最終更新時刻:2018年2月17日(土) 5時06分

グループウェア無料

グループウェア比較ナビからのお知らせ

タグ「中小企業」を含む記事一覧

【今週の労務書】『社労士事務所に学ぶ中小企業ができる「働き方改革」』 – 労働新聞社【今週の労務書】『社労士事務所に学ぶ中小企業ができる「働き方改革」』 – 労働新聞社

労働新聞社【今週の労務書】『社労士事務所に学ぶ中小企業ができる「働き方改革」』労働新聞社本書では、従業員30人規模の社労士事務所を運営する筆者が、経営者として実践した「働き方改革」の手法を示したもの。長時間労働が常態化し、離職者が多発したことを契機に取り...

2018年中堅・中小企業における業務アプリケーションのスマートデバイス利用状況 – CNET Japan2018年中堅・中小企業における業務アプリケーションのスマートデバイス利用状況 – CNET Japan

2018年中堅・中小企業における業務アプリケーションのスマートデバイス利用状況CNET Japanいずれの業務アプリケーション分野においても、「企業所有」の方が「個人所有(いわゆるBYOD)」より多くなっている。ただし、CRMとグループウェアは他の分野と比べて「個人所有」の...

Windowsの更新は「ITモダナイゼーション」か–MS平野社長に聞く – ZDNet JapanWindowsの更新は「ITモダナイゼーション」か–MS平野社長に聞く – ZDNet Japan

ZDNet JapanWindowsの更新は「ITモダナイゼーション」か--MS平野社長に聞くZDNet Japanそして同氏は、日本におけるITの最新化の現状について、大企業ではWindows 10の移行に向けた活動を開始した割合が92%、マイクロソフトのクラウドを利用している割合がおよそ80%に達し...

Windowsの更新は「ITモダナイゼーション」か–MS平野社長に聞く – ZDNet JapanWindowsの更新は「ITモダナイゼーション」か–MS平野社長に聞く – ZDNet Japan

ZDNet JapanWindowsの更新は「ITモダナイゼーション」か--MS平野社長に聞くZDNet Japanそして同氏は、日本におけるITの最新化の現状について、大企業ではWindows 10の移行に向けた活動を開始した割合が92%、マイクロソフトのクラウドを利用している割合がおよそ80%に達し...

中堅・中小企業における業務アプリケーションのクラウド活用状況 – Business & Public Affairs (プレスリリース) (ブログ)中堅・中小企業における業務アプリケーションのクラウド活用状況 – Business & Public Affairs (プレスリリース) (ブログ)

中堅・中小企業における業務アプリケーションのクラウド活用状況Business & Public Affairs (プレスリリース) (ブログ)今回の調査では、年商500億円未満の中堅・中小企業に対し、10分野に渡る導入済みの業務アプリケーション(ERP/生産管理/会計管理/販売・仕入・在庫管...

2018年中堅・中小企業における業務アプリケーションのクラウド活用状況 – CNET Japan2018年中堅・中小企業における業務アプリケーションのクラウド活用状況 – CNET Japan

2018年中堅・中小企業における業務アプリケーションのクラウド活用状況CNET Japan□XaaSを全て合わせたクラウド活用は情報/顧客管理系の方が基幹系よりも依然として高い以下のグラフは年商500億円未満の中堅・中小企業に対し、10分野に渡る導入済みの業務アプリケーション(...

2018年中堅・中小企業における業務アプリケーションのクラウド活用状況 – CNET Japan2018年中堅・中小企業における業務アプリケーションのクラウド活用状況 – CNET Japan

2018年中堅・中小企業における業務アプリケーションのクラウド活用状況CNET Japan□XaaSを全て合わせたクラウド活用は情報/顧客管理系の方が基幹系よりも依然として高い以下のグラフは年商500億円未満の中堅・中小企業に対し、10分野に渡る導入済みの業務アプリケーション(...

2020年中にWindows 7やOffice 2010がサポート終了、MSが早期移行を推進 – @IT MONOist2020年中にWindows 7やOffice 2010がサポート終了、MSが早期移行を推進 – @IT MONOist

@IT MONOist2020年中にWindows 7やOffice 2010がサポート終了、MSが早期移行を推進@IT MONOist中小企業については、Windows 7サポート終了時期の認知率が49%で(楽天リサーチ、2017年12月)、グループウェアを活用できている企業が12%だという。大企業と中小企業とでは...

2020年中にWindows 7やOffice 2010がサポート終了、MSが早期移行を推進 – @IT MONOist2020年中にWindows 7やOffice 2010がサポート終了、MSが早期移行を推進 – @IT MONOist

@IT MONOist2020年中にWindows 7やOffice 2010がサポート終了、MSが早期移行を推進@IT MONOist中小企業については、Windows 7サポート終了時期の認知率が49%で(楽天リサーチ、2017年12月)、グループウェアを活用できている企業が12%だという。大企業と中小企業とでは...

2018年中堅・中小企業におけるIT活用の注目ポイント その2:業務アプリケーション編 – CNET Japan2018年中堅・中小企業におけるIT活用の注目ポイント その2:業務アプリケーション編 – CNET Japan

2018年中堅・中小企業におけるIT活用の注目ポイント その2:業務アプリケーション編CNET Japan導入社数シェアが変動する時には常に「ユーザ企業が抱える課題やニーズの変化」がある□製品刷新が相次ぐERPでは、課題/不満を解消する機能ニーズの把握が今後を左右する□グルー...


47万円コスト削減!導入しないと損をする、グループウェアの具体的な費用対効果

「グループウェアの具体的なメリットが分かりづらい」と、お悩みの方は多いのではないのでしょうか。

そこで、一つの機能を利用するだけでも大きな費用効果に繋げるられるという具体的な費用効果を、グループウェアSaaS「アイポプラス」を例にご紹介いたします。

SaaS(ASP)グループウェアへ

グループウェア無料

メルマガ「ビジネスIT新聞」

特集記事ピックアップ

グループウェア製品を検索利用形態と規模・人数にマッチしたグループウェアを検索。
グループウェア利用シェアと評価に関する調査2009年の国内中堅、中小企業におけるグループウェアの調査。
グループウェアリサーチグループウェアのトレンド・統計に関する記事を掲載。

過去の記事