最終更新時刻:2014年7月31日(木) 14時57分

アーカイブ:2014年7月

M2Mが拓く新たな産業の姿とは–ドコモとNSWの見解 – ZDNet JapanM2Mが拓く新たな産業の姿とは–ドコモとNSWの見解 – ZDNet Japan

M2Mが拓く新たな産業の姿とは--ドコモとNSWの見解ZDNet Japan「IoT時代M2Mが新たな産業の姿を拓く」をテーマにパネルディスカッションを実施したのは、NTTドコモのM2Mビジネス部 法人M2Mビジネス グローバルM2M推進担当課長の藤田大作氏と、日本システムウエア(NSW)のク...

法人向けGoogle AppsアカウントでHangoutsが利用可能 – ITpro法人向けGoogle AppsアカウントでHangoutsが利用可能 – ITpro

法人向けGoogle AppsアカウントでHangoutsが利用可能ITpro米Googleは現地時間2014年7月30日、SNS「Google+」のビデオチャット機能「Hangouts」をGoogleの法人向けグループウエア群「Google Apps for Business」のサービス利用規約の対象に含めると発表した。これにより、G...

【レポート】マイナビシステム部門が試す ‐ 実例で学ぶ、IaaSの見積もり方法 後編 – マイナビニュース【レポート】マイナビシステム部門が試す ‐ 実例で学ぶ、IaaSの見積もり方法 後編 – マイナビニュース

マイナビニュース【レポート】マイナビシステム部門が試す ‐ 実例で学ぶ、IaaSの見積もり方法 後編マイナビニュース同社はもともとニフティクラウドのパートナー企業提供のグループウェアやデータベースをオンプレミスで使っていたが、それら既存資産をそのまま生かすかた...

Google のビデオ会議システムChromebox for meetings 国内発売。1セット15万円、管理費年額3万5000円 – Engadget 日本語版Google のビデオ会議システムChromebox for meetings 国内発売。1セット15万円、管理費年額3万5000円 – Engadget 日本語版

ASCII.jpGoogle のビデオ会議システムChromebox for meetings 国内発売。1セット15万円、管理費年額3万5000円Engadget 日本語版Chromebox for meetings は、Chrome OS 搭載の小型デスクトップChromebox を核とするビデオ会議システム。Google のテキスト / 音声 / ビデオチ...

Google のビデオ会議システムChromebox for meetings 国内発売。1セット15万円、管理費年額3万5000円 – Engadget 日本語版Google のビデオ会議システムChromebox for meetings 国内発売。1セット15万円、管理費年額3万5000円 – Engadget 日本語版

ITmediaGoogle のビデオ会議システムChromebox for meetings 国内発売。1セット15万円、管理費年額3万5000円Engadget 日本語版Chromebox for meetings は、Chrome OS 搭載の小型デスクトップChromebox を核とするビデオ会議システム。Google のテキスト / 音声 / ビデオチ...

株式会社サンクネット様、 Knowledge Suite (ナレッジスイート)を導入 – CNET Japan株式会社サンクネット様、 Knowledge Suite (ナレッジスイート)を導入 – CNET Japan

株式会社サンクネット様、 Knowledge Suite (ナレッジスイート)を導入CNET Japan契約更新のタイミングで、『業務に最適な機能・コストパフォーマンスの見直しを』という社長からの指示を機に、昨年4月からグループウェアの乗り換えを検討し始めました。利用している機能...

株式会社サンクネット様、 Knowledge Suite (ナレッジスイート)を導入 – CNET Japan株式会社サンクネット様、 Knowledge Suite (ナレッジスイート)を導入 – CNET Japan

株式会社サンクネット様、 Knowledge Suite (ナレッジスイート)を導入CNET Japan契約更新のタイミングで、『業務に最適な機能・コストパフォーマンスの見直しを』という社長からの指示を機に、昨年4月からグループウェアの乗り換えを検討し始めました。利用している機能...

KVHがOpenStackとMidoNetを採用したプライベートクラウドサービスを提供開始 – @ITKVHがOpenStackとMidoNetを採用したプライベートクラウドサービスを提供開始 – @IT

KVHがOpenStackとMidoNetを採用したプライベートクラウドサービスを提供開始@IT... 内に共存するが、サーバ、ストレージ、ネットワーク、クラウド管理のすべての要素は、顧客ごとに物理的に分離して構築・運用されるからだ。ハードウェア/ソフトウェアの構成を標準化した...

KVHがOpenStackとMidoNetを採用したプライベートクラウドサービスを提供開始 – @ITKVHがOpenStackとMidoNetを採用したプライベートクラウドサービスを提供開始 – @IT

KVHがOpenStackとMidoNetを採用したプライベートクラウドサービスを提供開始@IT... 内に共存するが、サーバ、ストレージ、ネットワーク、クラウド管理のすべての要素は、顧客ごとに物理的に分離して構築・運用されるからだ。ハードウェア/ソフトウェアの構成を標準化した...

“活動量計もどき”はいらない–オムロンが30億円規模のベンチャー投資 – TechCrunch“活動量計もどき”はいらない–オムロンが30億円規模のベンチャー投資 – TechCrunch

TechCrunch“活動量計もどき”はいらない–オムロンが30億円規模のベンチャー投資TechCrunch小澤氏によると、今後は加工機や成形機など、自社グループの設備に関しても投資先に開放することを検討しているそうだ。「例えばfoxconnのようなEMS(Electronics Manufacturing Serv...


オープンソースグループウェア「Aipo」提供終了のお知らせ

TOWN株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:永井哲)は、2018年3月31日をもって、オープンソースグループウェア「Aipo」の提供を終了します。

グループウェア「Aipo」は、2008年3月のオープンソース化以来、500,000件以上ダウンロード実績を持ち、現在もダウンロード数を伸ばしております。また、2009年10月にはクラウドグループウェア「Aipo.com」を提供開始し、クラウド及びオープンソースの2形態でサービスを提供して参りました。

しかしながら、より良いサービスに改善を続けながら、長期的にサービス運営を継続していくためには、クラウドへ投資を集中させることが必要と判断しまして、この度オープンソースの提供を終了させていただく運びとなりました。

今後につきましては、コンセプトを刷新した新しいクラウドサービスの提供につきましても計画しておりますため、より良いサービスを提供できるよう尽力して参ります。

オープンソースの提供終了に伴い、ご利用中の皆さま並びにパートナーの皆さまに、 多大なご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

提供終了に関する詳細につきましては、特設ページより配信して参ります。

メルマガ「ビジネスIT新聞」

特集記事ピックアップ

グループウェア製品を検索利用形態と規模・人数にマッチしたグループウェアを検索。
グループウェア利用シェアと評価に関する調査2009年の国内中堅、中小企業におけるグループウェアの調査。
グループウェアリサーチグループウェアのトレンド・統計に関する記事を掲載。

過去の記事