最終更新時刻:2007年11月21日(水) 21時43分

アーカイブ:2007年

グループウェアシェアトップはマイクロソフト。ミック経済研究所調べ

ミック経済研究所の調べによると、2007年のグループウェアのシェアはトップから順にマイクロソフト、日本IBM、NECとなっており、サイボウズがそれを追う格好だ。 マイクロソフトはパートナー企業が提供するExchangeのホスティングサービスを提供し、裾野拡大に取り組んでい...

2007年 グループウェアの利用シェア

ノークリサーチ社が実施した「2007年 中堅・中小企業のITアプリケーション利用実態調査」によると、グループウェアの利用シェアは、日本IBMの「LotusNotes」を抜き「サイボウズ」が初めてシェアトップになった。 「サイボウズ」が25.6%でトップシェアを獲得した。2位が日...

簡単グループウェアサーバ『LacoodaST』無料お試しダウンロード配布開始

報道関係者各位 2007年1月25日 株式会社スペースタグ      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━     簡単グループウェアサーバ『LacoodaST』を公開!      利用者数無制限・安心サポート・携帯電話機能付きで98,000円!!      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...


オープンソースグループウェア「Aipo」提供終了のお知らせ

TOWN株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:永井哲)は、2018年3月31日をもって、オープンソースグループウェア「Aipo」の提供を終了します。

グループウェア「Aipo」は、2008年3月のオープンソース化以来、500,000件以上ダウンロード実績を持ち、現在もダウンロード数を伸ばしております。また、2009年10月にはクラウドグループウェア「Aipo.com」を提供開始し、クラウド及びオープンソースの2形態でサービスを提供して参りました。

しかしながら、より良いサービスに改善を続けながら、長期的にサービス運営を継続していくためには、クラウドへ投資を集中させることが必要と判断しまして、この度オープンソースの提供を終了させていただく運びとなりました。

今後につきましては、コンセプトを刷新した新しいクラウドサービスの提供につきましても計画しておりますため、より良いサービスを提供できるよう尽力して参ります。

オープンソースの提供終了に伴い、ご利用中の皆さま並びにパートナーの皆さまに、 多大なご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

提供終了に関する詳細につきましては、特設ページより配信して参ります。

メルマガ「ビジネスIT新聞」

特集記事ピックアップ

グループウェア製品を検索利用形態と規模・人数にマッチしたグループウェアを検索。
グループウェア利用シェアと評価に関する調査2009年の国内中堅、中小企業におけるグループウェアの調査。
グループウェアリサーチグループウェアのトレンド・統計に関する記事を掲載。

過去の記事