最終更新時刻:2006年9月6日(水) 13時40分

カテゴリー:セキュリティの記事一覧

複数のサイボウズ製品に脆弱性

サイボウズ製品において 3 件の脆弱性が発見されています。 セキュリティに関するお知らせ 以下の対象製品をご利用の方には、アップデートが推奨されます。 ■SQLインジェクションの脆弱性 悪意のあるユーザーが、この脆弱性を利用した不正アクセスを行った場合、データベー...

Lotus Notesに極めて深刻な脆弱性

Lotus Notes に極めて深刻な脆弱性が見つかっている。 影響を受けるのは、Lotus Notes 6.x/7.x で、問題を修正するバージョン 6.5.5/7.0.1 がIBMからリリースされている。 該当バージョンを利用されている方は、適用していただきたい。

イントラネッツと EDC、業務提携でグループウェアのセキュリティ強化

イントラネッツと EDC、業務提携でグループウェアのセキュリティ強化 イントラネッツはグループウェアASPでは大手の会社で、2000年 2月のサービス開始し、日本全国で既に 11万社ものユーザーを獲得している。 サービス当初は、広告収入を収益モデルとした無償グループウェ...

アリエルありえない?

●アリエル製P2Pソフトでメールアドレスが外部から覗き見られる危険性 http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/01/11/6002.html


オープンソースグループウェア「Aipo」提供終了のお知らせ

TOWN株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:永井哲)は、2018年3月31日をもって、オープンソースグループウェア「Aipo」の提供を終了します。

グループウェア「Aipo」は、2008年3月のオープンソース化以来、500,000件以上ダウンロード実績を持ち、現在もダウンロード数を伸ばしております。また、2009年10月にはクラウドグループウェア「Aipo.com」を提供開始し、クラウド及びオープンソースの2形態でサービスを提供して参りました。

しかしながら、より良いサービスに改善を続けながら、長期的にサービス運営を継続していくためには、クラウドへ投資を集中させることが必要と判断しまして、この度オープンソースの提供を終了させていただく運びとなりました。

今後につきましては、コンセプトを刷新した新しいクラウドサービスの提供につきましても計画しておりますため、より良いサービスを提供できるよう尽力して参ります。

オープンソースの提供終了に伴い、ご利用中の皆さま並びにパートナーの皆さまに、 多大なご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

提供終了に関する詳細につきましては、特設ページより配信して参ります。

メルマガ「ビジネスIT新聞」

特集記事ピックアップ

グループウェア製品を検索利用形態と規模・人数にマッチしたグループウェアを検索。
グループウェア利用シェアと評価に関する調査2009年の国内中堅、中小企業におけるグループウェアの調査。
グループウェアリサーチグループウェアのトレンド・統計に関する記事を掲載。

過去の記事