最終更新時刻:2005年12月23日(金) 3時38分

カテゴリー:グループウェアとはの記事一覧

グループウェアは職員室のようなものですよ

【めも理と窓太のパソコン講座】第137回:グループウェアと職員室 グループウェアは、スケジュールなどの情報を共有したり、コミュニケーションの円滑化をはかったりするためのアプリケーションです。 スケジュールを共有すると  だれがいつどこでなにをしているかがわか...

グループウェアはコミュニケーションツールの一つ

グループウェアはコミュニケーションツールの一つだと言っても、それに異を唱えるものはいないと思うが、実際問題グループウェアだけで全てのコミュニケーションを完結させることは不可能だ。 ウェブブラウザやメールを使ったデジタルなコミュニケーションをとるのが得意な...

スケジュール管理の手帳はなくならない?

インターネットリサーチサービス「リサーチプラス」の第84回調査報告「スケジュール管理」に関するアンケート結果が発表されています。 スケジュール管理は結局「手帳」に 現在スケジュール管理に利用している道具(複数回答方式)は、「手帳(メモ帳含む)」が64.7%、「...

イントラブログはナレッジマネージメントに適したツール

Blogは「フォーマット」として捉えるべきもの――小川 浩氏 ビジネスブログブックを書かれている小川 浩さんのコラムです。 私は社内向けBlog(イントラブログ)が、ナレッジマネージメントツールとして活用されていくことは間違いないと思っています。 かつて、Lotus Notes...

グループウェアとは

グループウェアとは、一体、何でしょう。 今では、「グループウェア」という言葉について、説明を求められることはほとんどなくなりました。 それは、多くの人の頭の中に、グループウェアとはこういうものだといったイメージがあるからです。 実は今使っているものか、ある...


オープンソースグループウェア「Aipo」提供終了のお知らせ

TOWN株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:永井哲)は、2018年3月31日をもって、オープンソースグループウェア「Aipo」の提供を終了します。

グループウェア「Aipo」は、2008年3月のオープンソース化以来、500,000件以上ダウンロード実績を持ち、現在もダウンロード数を伸ばしております。また、2009年10月にはクラウドグループウェア「Aipo.com」を提供開始し、クラウド及びオープンソースの2形態でサービスを提供して参りました。

しかしながら、より良いサービスに改善を続けながら、長期的にサービス運営を継続していくためには、クラウドへ投資を集中させることが必要と判断しまして、この度オープンソースの提供を終了させていただく運びとなりました。

今後につきましては、コンセプトを刷新した新しいクラウドサービスの提供につきましても計画しておりますため、より良いサービスを提供できるよう尽力して参ります。

オープンソースの提供終了に伴い、ご利用中の皆さま並びにパートナーの皆さまに、 多大なご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

提供終了に関する詳細につきましては、特設ページより配信して参ります。

メルマガ「ビジネスIT新聞」

特集記事ピックアップ

グループウェア製品を検索利用形態と規模・人数にマッチしたグループウェアを検索。
グループウェア利用シェアと評価に関する調査2009年の国内中堅、中小企業におけるグループウェアの調査。
グループウェアリサーチグループウェアのトレンド・統計に関する記事を掲載。

過去の記事